マッサージを受ける人

イチオシ情報

  • 動作の改善で腰痛も軽減

    腰痛によくなってしまうという人は体質や体格、筋肉の付き方が腰痛になりにくい人と比べて問題があることもありますがそれ以上に日常の体の使い方で腰痛を招いてしまっていることがあるのをご存知でしょうか。腰痛を起こす時には当然、腰に何らかの負担がかかって…

    MORE

  • 腰痛の治し方、予防方法を実践しよう

    人間が腰痛になる原因は意外と多く、肉体疲労やストレス、骨、神経が挙げられます。軽度なら時分で治す事も可能ですが、骨や神経が原因の場合手術が必要になります。また、高齢者の多くは、日々の疲れから足腰、背中が弱り腰への負担が大きいためです。腰痛は、普…

    MORE

腰痛のコルセットに頼りすぎない

腰痛になって仙台の整形外科などへ行った時、また仙台のドラッグストアで購入することもできますがコルセットを渡されることがあります。腰痛がひどいときにはコルセットをすることでその痛みが多少なりとも軽減され、助けられます。しかし、コルセットはいつまで使えばよいものか悩みます。もちろん痛みがすっかり治ったらばずすというのも使用方法の一つです。
しかし日常生活、コルセットによって腰の負担が軽減された状態で成り立っていたわけですから一時的な腰痛の人は問題なくとも慢性的な腰痛で悩んでいるという人にはコルセットを外したらまた痛みを感じるようになってコルセットを手放すことができなくなってしまったということもあります。
もちろんコルセットは痛みの強い時には外すことなく使い続けていくのが良いですが、痛みが和らいできたときには腰痛改善に効果のあるストレッチで腰の筋肉がつく運動を取り入れ腰痛の根本的な改善を図る必要があります。
無理をすることはありません。しかし慢性的に腰痛が起こる場合には何らかの原因があることもあります。その原因が病気からくるものであれば仙台で適切な治療が必要になりますし、病気以外の物であれば自分の体質や体の改善が必要になるのです。

腰痛の種類によっての対処法

仙台で腰を痛めてしまったとき、対処に困ることはありませんか?温めるべきか冷やすべきか、安静にするべきかマッサージなどでほぐすべきか、対処が正しくないとただでさえ痛い腰痛を悪化させてしまうことも。仙台で腰痛に困ったときの対処法をご紹介します。
まずは急な腰痛のとき。ぎっくり腰のように、重いものを持ったなどで急激に腰を痛めてしまったときは、まずは安静が第一です。無理に動かず(ぎっくり腰の場合はまず動くことが困難になると思いますが)横になって安静にしましょう。そして、患部は温めてあげましょう。痛くて熱を持っている気がするので、気持ち的には冷やしたくなりますが、温めたほうが痛みは和らぎます。痛みが酷い場合は、痛み止めを飲むなども効果的です。
次に日常的に痛みが続く腰痛の場合。こちらは痛みが出る原因として、筋肉が固まってしまっている場合があります。なのでゆったりとしたストレッチなどで体をほぐしていくと良いでしょう。あくまでもゆったりと、痛いところを無理にマッサージしたり伸ばしたりしてはいけません。そしてお風呂にゆっくりと入り、筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。それだけで腰痛の緩和に繋がります。
症状にあった正しい対処法で、仙台で腰痛を改善していきましょう。

腰痛持ちの人は腹筋よりも背筋を鍛えよう

仙台で同じような体型で、同じような職種についている人でも腰痛になりやすい人とそうでない人との違いは一体どこにあるのでしょうか。基本的に姿勢の悪い人というのは体に負担がかかりやすく腰痛にもなりやすいです。また、動きの大きな人も必要以上に体を動かす時に振り幅が大きくなる事で腰に負担を掛けやすく結果的に腰痛になってしまいます。
仙台では体のことを考えて腹筋運動などを毎日行っている人もいますが、腰痛持ちの方の場合には腹筋よりも背筋を鍛えた方が良いでしょう。もちろん、腰にすでに痛みがある状態で背筋を鍛えると余計に痛みを悪化させる原因にもなりかねませんので注意が必要です。
まずは一番楽な方法として、姿勢をまっすぐに正す事です。姿勢の良い状態ですと、腹筋に力が入ります。その姿勢を長く維持する為には背筋をピンと伸ばす必要がありますが、そのためには背筋も必要となってきます。日常の動作をする時にもなるべくオーバーなリアクションは避けて、段階的に動く事を常に意識しておきましょう。下にある物を拾う時には膝を曲げて下に体を下ろすところからはじめ、持ち上げる時にもその逆の動きをゆっくりと行うように心がけましょう。
また、睡眠時には横向きで膝を少し曲げた姿勢で眠ることで、腰への負担は軽くなりますよ。


腰痛に長年悩まされているという方は、仙台で腰痛の治療をされてはいかがでしょうか。仙台の腰痛の専門医に治療してもらえば、かなり楽になる可能性はあります。腰痛は放っておくと悪化していくこともあるので、できるだけ早めに診療してもらうことをおすすめいたします。

ニュース一覧

ピックアップ

  • 腰痛になった時に疑った方がいい内臓疾患

    姿勢が悪い状態になっていたり重い物を持ったりした時に腰に負担がかかって腰痛になってしまう事があります。これらが原因で腰痛になった時は安静にしていれば改善されていきますが、場合によっては内臓疾患が原因で腰痛になっている事もあります。そこで腰痛にな…

    MORE

  • 立ち方を見直して腰痛予防

    腰痛になる人の多くが、日常生活での姿勢が悪いです。その結果体が歪み、立ったり歩いたりしているだけで腰痛を引き起こし、さらに腰痛を庇うように生活することで更に腰痛を悪化させていくという悪循環に陥りがちです。そうならない為にも、日常の立ち方から見直…

    MORE

TOP