マッサージを受ける人

イチオシ情報

  • 動作の改善で腰痛も軽減

    腰痛によくなってしまうという人は体質や体格、筋肉の付き方が腰痛になりにくい人と比べて問題があることもありますがそれ以上に日常の体の使い方で腰痛を招いてしまっていることがあるのをご存知でしょうか。腰痛を起こす時には当然、腰に何らかの負担がかかって…

    MORE

  • 腰痛の治し方、予防方法を実践しよう

    人間が腰痛になる原因は意外と多く、肉体疲労やストレス、骨、神経が挙げられます。軽度なら時分で治す事も可能ですが、骨や神経が原因の場合手術が必要になります。また、高齢者の多くは、日々の疲れから足腰、背中が弱り腰への負担が大きいためです。腰痛は、普…

    MORE

立ち方を見直して腰痛予防

腰痛になる人の多くが、日常生活での姿勢が悪いです。その結果体が歪み、立ったり歩いたりしているだけで腰痛を引き起こし、さらに腰痛を庇うように生活することで更に腰痛を悪化させていくという悪循環に陥りがちです。そうならない為にも、日常の立ち方から見直すことが大切です。
特に腰痛になる人がやりがちなのが「反り腰」です。腹筋に力が入っておらず、お腹が前に出て、頭の重心が後ろにいっている状態で、背中がS字に反って見えます。鏡などで正面から見てみると、一見胸を張ってきちんと立っている様に見えるのですが、横から見てみるとお腹が出て見える上に、腰にとても負担の掛かる立ち方です。鏡で確認しながら、まず腹筋に軽く力を入れてお腹を引きます。イメージとしては骨盤にお腹をまっすぐ乗せる様な感じです。その上に更に上半身をまっすぐ乗せていき、最後に顎を引いて頭をまっすぐ乗せるイメージで立ってみましょう。横から見たときに、お尻から頭まで歪むことなくまっすぐになっていればそこが正しい位置です。その姿勢を体で覚え、常に意識するようにしてみましょう。それだけで腰への負担が減り、また姿勢を意識することで腹筋も鍛えられるので、腹筋が鍛えられるとそれも腰痛予防になります。
姿勢が綺麗だと、腰痛も予防出来るし若々しく見られますので、試してみてください。

ニュース一覧

ピックアップ

  • 腰痛になった時に疑った方がいい内臓疾患

    姿勢が悪い状態になっていたり重い物を持ったりした時に腰に負担がかかって腰痛になってしまう事があります。これらが原因で腰痛になった時は安静にしていれば改善されていきますが、場合によっては内臓疾患が原因で腰痛になっている事もあります。そこで腰痛にな…

    MORE

  • 立ち方を見直して腰痛予防

    腰痛になる人の多くが、日常生活での姿勢が悪いです。その結果体が歪み、立ったり歩いたりしているだけで腰痛を引き起こし、さらに腰痛を庇うように生活することで更に腰痛を悪化させていくという悪循環に陥りがちです。そうならない為にも、日常の立ち方から見直…

    MORE

TOP